整形でいぼの悩みを解消する|コンプレックスをカット

長髪の女性

気になる皮膚の出来物

ボディ

できる原因と種類

ひと口にいぼといっても、さまざまな種類がありますが、その原因はウイルスだと言われています。「ヒトパピローマウイルス(ヒト乳頭腫ウイルス)」と呼ばれるウイスルが、皮膚に感染した結果が、いぼとなって出てくるのです。その感染経路については、傷口感染が一般的とされていますが、じつは現代医学でもよくわからないというのが実情です。しかし、そのほとんどが良性のもので、放っておいても害はありません。これは尋常性疣贅と呼ばれるもっとも一般的なもので、円形で硬く突起して盛り上がっていきます。他には、足の裏に表われる足底疣贅というものもありますが、これは一見すると魚の目やタコと似ていますが、間違えて削ったりすると出血するので注意が必要です。また、加齢とともに出てくる老人性疣贅というのもありますが、ごく一部にがんの可能性もあるため、皮膚科に相談することをお勧めします。他に治療をすべきものとしては、いわゆる水いぼがあります。これは文字どおり柔らかい種類で、破けやすく、ウイスルを撒き散らすため専門医の治療が必要となります。

正しい除去方法

いぼは基本的には良性のもので、体に害を成すものはごくわずかです。しかし、顔などの目立つ部分にできてしまったものは、たとえ良性であっても気になるものです。除去したいという場合は、まずは皮膚の専門医に相談して、いぼの種類を見極めることが肝心です。そのうえで、どのような治療や除去を試みるのかを考えれば、さまざまな種類のあるいぼに対して適切な処置ができます。方法としてまず思いつくのが市販薬を使うというもので、サリチル酸やヨクイニンと呼ばれる成分を用いていぼを軟化させる除去するというものです。また、ひまし油や杏仁オイルなどが効くという話も聞きますが、より確実に除去したい場合は、やはり専門の皮膚科や美容整形での治療が有効です。方法としては、レーザーを使うものと液体著素を使うものがあります。レーザーは痛みや出血が少なく傷跡も残りにくいのですが、費用と期間がかかるというデメリットがあります。一方の液体窒素は安価で治療が可能ですが、痛みを伴うことと、再発の可能性があることが挙げられます。