整形でいぼの悩みを解消する|コンプレックスをカット

長髪の女性

タイプ別で対処

背中

様々なタイプ

ヨクイニンが配合されたサプリやお薬で、シミやイボを予防や治療出来ると謳っている商品がありますよね。気になっている方は自然と目がいくと思います。こういったもので治療可能となっているのが、首周り・デコルテに出来やすいタイプのいぼです。場所が特定されるので、ネックレスラインにできるイボとも呼ばれます。長年の紫外線ダメージの蓄積、汗が出る為の汗腺の機能が衰えることで出来るもので、主に老化が原因です。また紫外線・老化タイプは触るとザラっとしたり、プツプツとした感触が特徴です。赤みがかっていたり、薄茶色の場合もあり大きさもまちまちですが、痛みはなく感触や見た目が気になるケースが多いです。市販の杏仁オイルで目立たない程度に自宅でケアできる方法もあります。またこれ以上増やさないために首周りの紫外線対策を万全にしておくのが得策です。日焼け止めを塗り、UVカット効果のある衣類やストールなどを活用しましょう。また、いぼは皮膚が薄い部分にできやすいのも特徴です。二の腕の内側や腋にもできていないかセルフチェックしてみましょう。

治してもらう

手足に出来るいぼ、その多くが細菌感染によるものです。まれに人から人へ感染してしまうこともあるので、痛みがなくても放置しないようにしましょう。見た目や違和感から魚の目と勘違いしてしまうかもしれませんが、専門機関を受診すればすぐにわかります。この場合は液体窒素の凍結療法が多くもちいられます。私自身も経験していますが、もっと早く皮膚科や美容整形外科に行っていればよかったと思いました。医師に聞いたところ、初期段階で治療に通っていれば、少ない回数で治療は済むそうです。このいぼには様々な種類がありますが、細菌感染によるいぼの特徴としてはマメができたまま固くなり、部分的な腫れがある感覚があります。皮下にちいさな茶や黒点が1個以上透けて見えることがあります。最近、靴擦れなどでマメが破れたり皮膚の損傷があるのであれば、注意が必要です。様々な原因と解決方法が存在していますが、いまは美容整形外科などでの治療も充実しています。日焼け止めを使用したり効果が期待出来る商品も使用し、それでも気になるというのであれば治療を受けにいくといいでしょう。